そこいらの気になる人物編 森戸陽子さん


仕事柄、年度末から新年度にかけてはかなり忙しく、ブログを書く余裕がなくてすっかり間が空いてしまいました。
なんとか新学期がはじまり、ひと段落です。

今回は川口の黄色い人、ENCURUの森戸陽子さんにお話を伺うことができました。
先月に「紫の人 吉野春江さん」を紹介しましたが、そこでも少し登場した人物です。

14_detail.jpg
この人はみんなからドラちゃんと呼ばれていて、そもそもあんまり本名で呼ばれていません。
今回ブログを書くにあたって、そんな名前(森戸陽子)だったなと思いだしました。
ドラちゃんというのは麻雀の引きが強い訳ではなく、ビジュアルとしてド◯ミちゃんをイメージしています。

15_detail.jpg
ぼくがキャラクターの仕事をしているので、たまに相談を受けたりするのですが、ドラ◯ちゃんはキャラクター的にジャイ◯ンよりニッチなので、なかなかアイテムは少ないのが厄介です。
「どうせならピカ◯ュウかミ◯オンにしたらどうだろう、微調整で済むんだし。」と提案したら本気で怒られた。


このヒトは正式にカメラを学んだ訳ではなく、フリーの仕事をしたいと事務やらアシスタントやらをしてるうちに、カメラマンにたどり着いたらしい。
しかも、まだ3年ぐらいだというのにもかかわらず、本当にデカイ仕事が入る。今、凄い勢いで実績を積み重ねています。

やはり、インパクトは大事だな。
クライアントより目立つもんな。

あ、腕もいいです。たぶん、、、。

蕨商工会議所のセミナーにも参加したことがあるそうですが、本人も結構セミナー講師をやってるので、いずれ蕨商工会議所に講師で登場するかも知れないから一応覚えておいてください。

20_detail.jpg
この度も、またデカイ仕事が舞い込んだそうで、そのイベントのイメージを掴むために何かヒントはないかという話しでした。
しかし、いつもギリギリで言ってくるんだよな。

今回のテーマは、どうやらぼくも詳しくない系のジャンルだったので、せっかくだからと仕入れに同行することになりました。
実は、このヒトかなり人気者でなかなか予約が取れないのに、昨日連絡が来てなぜかいきなり今日一緒に買い出しに行くことになりました。


森戸さんは、どうやら名古屋の出身だということです。
しかし、ぼく自身が名古屋については「世界の山ちゃん」しか知らないので、名古屋についてはまったく深追いできず。
ブログネタとして、いろいろ聞き出そうと思っていたにもかかわらず、いつのまにか逆にいろいろ聞かれることの方が多くなっしまった。

まぁ、そうこうしながら浅草橋と蔵前の問屋を回りながらいろいろ必要なアイテムを購入。
個人的には無関係のサン◯オ系や◯ィズニー系をメインにいろいろ仕入れているうちに、用を済ませてくれたようだ。

いろいろ面白がって楽しんだ様だが、買ったのは確かに入手しづらいだろうなという本人のイメージキャラクターがデザインされたボールペン。
他にも同行したおもちゃ屋でも発見があったようですが、多分こちらは本人がすぐに仕上げてアップすると思うので期待しておきましょう。

13_detail.jpg
森戸さんが代表を務めるENCURU(エンクル)は外貨で一発稼ごうということではなく、ご縁を……どうすんだっけ?

まぁ、簡単に言うとイベントやセミナー撮影専門の全国出張カメラマンだそうです。
どこでも来てくれるらしいので、山頂や水中でのイベントにも、ぜひお気軽にお声がけしてあげてください(^^)




この記事へのコメント